サンプル

垂れ幕を作るときに印刷会社を利用すると、何度も使っている人は問題ありませんが初めて利用するときには素材から印刷の具合までなにもかも初体験になってしまいます。初めて経験するのですから当然かっても分かりませんし、想像していたものとは違う商品が届いてしまったなどという勘違いも生まれるようになってしまいます。
そんな凡ミスを防ぐためには、まず印刷会社へ連絡して垂れ幕を作る前にある程度の生地や印刷のサンプルを送ってもらうようにして下さい。中には完成形をサンプルとして有料で出してくれるような会社もありますから、仕上がりに自信がない場合にはある程度のコストをかけた状態で商品を事前に確認できるようにして下さい。
また、印刷会社へしっかりと希望を伝え、自分が思っている不安を話せばサンプル確認や見本の送付まで丁寧に対応してくれますし、問い合わせも受け付けてくれますから変に遠慮はしないでしっかり相談し、自分の求めていたような垂れ幕が仕上がるようになって下さい。
ホームページなどを確認してみれば、印刷に利用する素材の特徴を全て明記してくれている場合があります。垂れ幕に向いている、垂れ幕に向いていないというような備考もかいてくれている会社が多いですから、まったく印刷系の知識がないような人でも安心して選ぶことができます。
垂れ幕に普段最も利用されている素材の1つにターポリンがあります。これは厚手のビニール素材であり雨風にさらされても商品が劣化する不安がありません。また、どれだけ巨大な垂れ幕でも溶接によってつなぎ合わせることができますから品質を落とさず、商品を途切れさせることもなくそのまま利用することができます。
屋外でも屋内でも問題なく利用できる上に、紫外線による劣化の不安もありませんから、どんな環境でも丈夫に垂れ幕として使えます。