料金について

垂れ幕の料金はその会社によってまちまちとなっていますが、基本的には大きさと枚数によって変動します。大量に作る場合は1つあたりの単価が安くなります。また、利用する素材や特殊な加工を必要とするのかどうかによっても状態は変わります。
最近では少々遊び心のあるデザインだったり、他の垂れ幕よりも遥かに目立つ仕様になっている商品もありますから、それらを選んだ場合には更に印刷料金は高くなってしまいます。料金面を抑えたいのか、それとも良質な商品を作りたいのか、とことん目立つ垂れ幕を作って宣伝効果を上げたいのか、何を1番重視するのかによって印刷会社へ依頼する内容も変化してきます。
これまで垂れ幕などを何度も作ったことがある人であれば、印刷会社への依頼もスムーズかもしれません。しかし、初めて依頼する人やこれまで利用したことがない素材を使ってみたいと考えている場合には想像だけで話を進めなければいけなくなります。そのまま進めば少々のズレが完成品に大きく影響する可能性がありますから、必ず印刷会社と綿密な話し合いをするようにして下さい。
最近の印刷会社はお客さんにしっかりと素材の感覚を掴んでもらえるように、無料で垂れ幕に利用できる素材のサンプルを提供していることもあります。事前に取り寄せて素材を見比べる、実際に自分で触って確かめることによりもっと理想通りの商品を発注することができるようになる場合もあります。
垂れ幕に印刷する自体、または絵柄、そしてその文字の加工によっても幕のイメージは大きく変化します。中途半端な素材を選んだばかりに宣伝効果が得られなかったなどという失敗も実際にあります。ですから、自分達の理想を印刷会社へ話した上で意見をすりあわせて商品を作るようにして下さい。