デザイン案

垂れ幕を作る場合に最も大切なものがデザインです。幕をいくら綺麗に印刷してもらったとしても、デザインがしっかりしていなければ目立つこともなくひと目を引くようなこともありません。しっかり印刷会社と相談して垂れ幕のデザインを詰める必要があります。自社にデザイナーがいる、または他社へ依頼して印刷会社とは別でデザインを作って貰っている場合には問題なく印刷の段階へ進むことができます。
しかし、自社のデザイナーもおらず、他社への依頼もしていないという場合にはどうにかデザインを手配する必要があります。印刷会社の中には簡単なデザインならばテンプレートを持っているために、それに当てはめる形で商品を作っているような人もおります。また、印刷会社側のデザイナーがいるためにそこへ依頼しデザインから印刷までを一直線でできるようにしている会社もあります。
それは印刷会社によって違いますから、まず相談したりネットから印刷会社の垂れ幕制作プランを確認した上で利用するようにして下さい。
応援用の垂れ幕であれば書きたいメッセージを指定し、後はテンプレに当てはめれば完成するような場合も多いです。また、安全性を伝えたい、社風を伝えたいという場合にも、文言を指定するだけでしっかりとした宣伝効果を持った幕に仕上げてくれる会社も多いです。
カタログやチラシになるともっと会社の個性を前面に出したデザインにしなければいけないために、本格的にデザイナーと相談する必要が出てきてしまいます。しかし、垂れ幕であればメッセージ性の強い印刷物になりますから、デザイン性の高さはそこまで重視されることはありません。
安心して会社に任せることが可能となっています。
勿論依頼すればいくつかのデザイン案を印刷会社から提供してもらったり、これまで制作した他社のサンプルを確認させてもらうようなこともできるようになっています。