握手する手

気軽さ

印刷会社へ印刷を依頼するのは年々気軽になってきています。昔は相当数作る必要があったり、そうやすやすと依頼することが出来ないような価格設定になっていたりすることもありました。しかし、最近は印刷会社の技術が上がったこともあり、良質な商品を常に安価な価格帯で提供することができるようになっています。
昔は作ったものを提供すればそれで終わりだったがために、安物買いの銭失い状態で早々に作成した商品が壊れたとしても、それを保証してくれる会社はありませんでした。しかし、最近の印刷会社は商品の質にも拘っているために、商品の安全性や品質に破損などの問題を全て1年間は保証してくれるというようなサービスを付けてくれるようになりました。
全てがその対象外ではありませんし、垂れ幕や昇りのように外へ設置するタイプの商品の破損や汚れに関してはある程度の成約が付いていることもあります。
それぞれの印刷会社は自分達が提供している商品に関して自信を持っており、粗悪品を提供していないからこそ1年間の修理や破損保証を提供できるともいえます。
会社をしている人にとって垂れ幕などを印刷会社へ依頼するのは必要不可欠なことであり、それらの技術を利用しないでお店を宣伝するのは中々難しいです。チラシに看板に昇りに垂れ幕とお店や自分が提供しているサービスを紹介し、様々な人に知ってもらうためには印刷会社へ依頼してそれらの商品を作ってもらう必要があるのです。
最近はパソコンが各家庭どころか個人に対して1台という保有数になってきており、デザインを自分で作って印刷会社へ依頼するという形をとる人が増えてきています。これにより印刷会社側の手間が減少し、そのおかげで垂れ幕の商品を従来よりも早く提供することができるようになったともいえます。

対象物

垂れ幕などを印刷会社へ依頼して作って貰う場合には、その幕の素材などによっても料金や手間に納期が変化してきます。幕といえどもいろいろありますから、自分が一体どんな商品を求めているのかを把握して対応するようにして下さい。

詳細を確認

料金について

印刷会社や垂れ幕の大きさによりけり料金は変化します。また、それだけ急いで作って欲しいのかによっても割増されることがあります。制作費でもめないように印刷会社と事前確認はしっかり行うようにして下さい。

詳細を確認

デザイン案

デザインを自分で決めた上で垂れ幕を印刷会社へ依頼する場合は問題ありませんが、全て任せる場合は打ち合わせをしっかりしておく必要があります。意見のズレはそのまま完成品に現れてしまいますから、すれ違いはないようにして下さい。

詳細を確認

納期について

納期は時期、また印刷会社自信の人気度、デザインの有無に垂れ幕に利用したい素材や印刷技術によって大幅に変化します。絶対にこの日までに欲しいという場合には早め早めに会社へ依頼を出しておく必要があるのです。

詳細を確認

サンプル

印刷会社の大半はサンプルをあげてくれるようになっています。勿論有料となってしまいますが、まったくサンプルを見ないまま垂れ幕を作って失敗すればそれこそ取り返しがつきません。安全な方法で1歩ずつ進んで下さい。

詳細を確認